小さな節約・大きな幸せ

小さな節約・大きな幸せ

節約は無駄を省くために行われる。

消費を抑えることは経済面だけでなく環境面においても有意義なことで、無駄を省くことは持続可能な開発においても重要なことである。

日本では、京都議定書に則り、チーム・マイナス6%を作り、炭素排出量の節約に努めるなど、節約は企業や国家でも行われる。

また、企業において節約を推進することは利益を多く上げるために重要である。